肌荒れを癒しつつ、不安定な肌を整えてくれる保湿クリームは?

肌荒れを癒しつつ、不安定な肌を整えてくれる保湿クリームは? 「肌荒れ」とひとくちにいっても本来持っている肌質によって肌表面にあらわれてくる症状は大きく3つあります。


要チェック 「カサカサ・ぴりぴり」のある乾燥性の肌荒れ
要チェック 「ベタベタ・テカテカ」といったニキビ・皮脂系の肌荒れ
要チェック 「ムズムズ・かゆみ」が目立つアレルギー系の肌荒れ


どのタイプの肌荒れが勃発するかは人それぞれ。ただ、肌の根っこの部分で起こっている事は共通していて、 角層=肌のバリア機能が損傷していて、炎症が起きている状態だということです。


そのため肌荒れを制するためには、バリア機能の修復&抗炎症作用のある有効成分を与えるスキンケアが急務! 特にバリア機能を高めてくれる「セラミド」を補うことが肌を整えるために不可欠です。


肌荒れ時のスキンケアは刺激の少ない肌触りの柔らかいクリームで行うというのが基本中の基本。セラミドもクリームに高濃度配合されていることが多いです。 というわけで、肌荒れに悩むあなたにピッタリのバリア機能の修復&抗炎症作用にすぐれた低刺激処方の保湿クリームを厳選したのでチェックしてみてくださいね。


セラミド×抗炎症成分配合のクリームといえば、、 詳しくはコチラ

肌荒れにおすすめの低刺激処方の保湿クリームランキング<Best3>

以下の基準を兼ね備えた総合力で順位づけしました!

  • 肌への刺激の心配が少ない低刺激処方であること。
  • バリア機能を強化するセラミドを配合していること。
  • 肌の炎症を鎮める作用のある抗炎症成分を含有していること。
  • サンプルorトライアルセットで事前にお試しできること。

ディセンシア つつむ

お試し:1,470円 送料無料 

注目ナノ化セラミド&疑似角層技術で肌サポート!
アトピー研究から生まれた敏感肌ブランド「ディセンシア」のセラミド2配合の敏感肌用の高保湿クリーム。疑似角層による保護膜技術と 抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kにより、肌荒れした肌を守ってくれます。3つのテクスチャーから選べます。

キュレル

価格:2,300円

注目カサカサ・ピリピリ肌を優しく保湿!
潤い成分(疑似セラミド・ユーカリエキス)と消炎剤のアラントインを含有しているDSでも人気の保湿クリーム。 肌荒れした肌を落ち着かせながら、ふっくらうるおいのある素肌に導いてくれます。軽い使用感で伸びがいいなど使いやすさも魅力の1つです。

アルージェ

価格:2,700円 送料500円 

注目天然セラミド配合の医薬部外品クリーム!
セラミドの合成を促す天然セラミドと抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kとε-アミノカプロン酸を配合。 軽い質感のクリームで油膜感を感じることなく潤いを密閉できて、それが長時間持続します。 医薬品メーカーならではの安心品質も魅力です。

肌荒れに効くおすすめの保湿クリームはこれ!
ディセンシア つつむフェイスクリームの特徴

要チェック 損傷した肌のバリア機能を守りながら立て直す!


要チェック 疑似角層を作る特許技術で弱った肌の角層を保護!
要チェック ナノ化したヒト型ナノセラミドで荒れた角層を立て直す!
要チェック グリチルリチン酸2Kが炎症を鎮めて肌表面を整えてくれる!


「荒れた角層を保護する&バリア機能を強化するセラミドなど有効成分を与える」という攻守一体の肌荒れケアが同時に行うことができるのが、 ディセンシアのつつむフェイスクリームならではの特徴です。


多くの肌荒れクリームというのは、「低刺激」もしくは「肌荒れに効く成分を含有している」といった感じで、肌を保護して自然によくなるのを待つか、 ピリピリするのを我慢しながら有効成分を与えるかのどちらかなんですね。


しかし、つつむフェイスクリームは、「角層を保護しつつ、同時にバリア機能を強化する」という攻守のW効果が期待できるので、 肌荒れした肌に刺激なく使えるのはもちろんのこと、外部刺激をブロックした状態でセラミド保湿ができるので肌環境が元に戻るのも早いんですね。


使用感としては、ラップするように疑似角層が肌表面を覆うので密閉感が強いです。肌荒れした肌にはこの密閉感がすごく頼もしく感じるんですが、 「重い」とか「夜はいいけど朝は使いづらい」いった感想もあるので、トライアルセットを利用して自分の肌に合ったものを確認しておいたほうが安心だと思います。


使い心地をまずチェック! トライアルセットの中身はコチラ

肌荒れを防ぐために普段から気をつけないといけないこととは?

肌荒れを防ぐために普段から気をつけることとは? 肌荒れしてしまうのは、


ストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れによる肌の代謝機能の低下
間違ったスキンケアによる肌のバリア機能の損傷や流出


の2つが原因です。自分で招いているケースが結構多いんですね。


気温の変化、体調の変化といった影響で肌の調子は崩れやすくなってしまうのは身を以て経験している方がほとんどだと思います。


でも、これって仕方がないことではなくて、常日頃から角層を湿潤化する保湿を心がけて、バリア機能を高めておくと、多くの場合、予防できることなんですね。


なので、頻繁に肌荒れを繰り返してしまうという場合は、使っているスキンケアアイテム、それからスキンケア方法を見直したほうがいいと思います。 必要以上によく落ちるクレンジングを使っていたり、肌を触りすぎ、擦りすぎていないかチェックしてみてください。


肌荒れしている時のスキンケアは、水分の多いものは刺激を感じてしまうので、クリームで肌表面に蓋をして水分蒸発を防ぐのみにとどめるというのが、 これまでの基本ケアだったんですが、今のクリームはクリーム自体に有効成分が含まれているので、肌荒れに対してより積極的なアプローチができます。


※デリケートで乾燥しやすい目元にも安心して使えるのがクリームです。参照:目元ケア完全版


また、「セラミド保湿ができる」「肌に優しい」「炎症を防ぐ」という特性のある保湿クリームは、肌荒れを起こしたときだけでなく、 普段の保湿ケアに使うことで強固な肌のバリア機能の形成と維持にも役立つと思いますよ。


肌荒れケアはクリームが効果的! ディセンシアだけの特許技術って?
Copyright © 2014 肌荒れに効くクリーム大解剖~抗炎症&低刺激で厳選<Best3>· All Rights Reserved·