季節の変わり目ってどうして肌荒れしやすいの?

季節の変わり目ってどうして肌荒れしやすいの? 季節の変わり目は気温や湿度が大きく変化します。その変化に対して肌が適応するのに時間がかかるので、そのタイムラグ中は肌のコンディションを崩しやすいんですね。


春夏秋冬あるなかでも特に春先に肌荒れが目立つのは、気温の変化以外の肌荒れを促進するさまざまな要因が重なってしまうからです。


紫外線量の増加
花粉の飛散
新生活に対するストレス
気温の上昇


ただでさえ、気温の上昇や紫外線量の増加で肌に負担がかかっているところに、花粉やストレスが加わるので、肌にとっては一大事ということになってしまうわけです。 ただ、こうした季節の変わり目の肌荒れは一時的なものなので、肌が新しい環境に順応していくにつれて落ち着いてくるのが普通です。


季節の変わり目の肌荒れが起こってしまった場合、一時的とはいえ肌のバリア機能が弱ってしまっている状態なので、バリア機能を強化するセラミドなどを配合した低刺激処方の保湿クリームを使ってお肌のお手入れをしてあげるといいと思います。


水分の多い化粧品はしみてしまって使えないことが多いと思うので、季節の変わり目の肌荒れはクリームをメインにしてケアしてあげることがポイントです。

花粉による肌荒れってどうやって防げばいいですか?

花粉による肌荒れってどうやって防げばいいですか? 季節の変わり目の肌荒れの要因でもあるのが花粉です。スギ花粉のピークは3月ということで毎年苦しんでいる人も多いと思います。


花粉症というと鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状が一般的だと思いますが、肌も荒れます。「花粉症皮膚炎」なんてものがあるぐらいですから。


花粉がアレルゲンの人にとっては、花粉が直接肌に触れるだけでも炎症が起きてしまいます。炎症は肌のターンオーバーを乱す原因になり、 ターンオーバーが乱れれば、バリア機能も低下します。


その結果、カサカサやムズムズのある「花粉症皮膚炎」になってしまうんですね。


花粉症皮膚炎を防ぐには、肌に花粉を触れさせないことが大切です。腕や足、体は洋服が守ってくれるからいいんですが、問題は顔です。 メガネやマスクでは覆いきれない部分の対策を考えないといけません。


一般的には、ベースメイクで化粧膜を作ることで花粉の影響を軽減させるという方法をとります。


が、もっと確実で完璧に花粉をシャットアウトできる方法があって、それが疑似角層を作ってくれるディセンシアのクリームを使うということです。 肌表面にラップをするように疑似角層を作って外部刺激をシャットアウトしてくれるので、花粉が肌に付着するのを防いでくれるんですね。


ディセンシアのクリームを塗って、そのうえにベースメイクをして化粧膜を作れば、2枚のバリアを張れるので花粉症皮膚炎対策としてはほぼ完ぺきだと思います。 是非ちょっと試してみてください。


疑似角層技術を搭載! ディセンシアのクリームはコチラ
Copyright © 2014 肌荒れに効くクリーム大解剖~抗炎症&低刺激で厳選<Best3>· All Rights Reserved·