生理前・生理中ってどうして肌荒れしやすいの?

生理前・生理中ってどうして肌荒れしやすいの? 生理の1~2週間前に黄体ホルモンが増え始めると皮脂の分泌が増えて、肌も敏感になります。紫外線の感受性も高くなるのでシミにも注意しないといけません。


生理は毎月あるものですから、その都度、肌は不安定になり、肌荒れに悩まされるという人もいるわけです。 これはもう女性として生まれた以上、仕方ないことだと割り切るしかないです。


ただ、生理前~生理中に肌荒れがひどくなる人もいれば、不安定にはなるけれど、そこまでひどくはならないという人もいます。 この違いは普段の生活習慣やスキンケア、蓄積されているストレスの差です。


普段から正しい保湿を心がけて、バリア機能を整えていれば、肌のコンディションが低下する生理前・生理中であってもそこまで大きく崩れることはないです。 しかし、保湿がおろそかになっていて肌環境に問題があるようならば、肌が不安定になったときにその状態がより鮮明に肌表面にあらわれることになります。


いやだな~怖いな~。


生理前・生理中は低刺激の敏感肌用の化粧品を使ってケアするぐらいで他にやることはないです。 大事なのは、この時期の肌荒れをひどくしないために普段から正しい保湿ケアで肌環境を整えておくことです。


生理前のデリケートな肌に使える保湿クリームなら、、 詳しくはコチラ

女性ホルモンが及ぼす肌への影響について

女性ホルモンが及ぼす肌への影響について ホルモンバランスは肌の状態を左右する重要な要素です。特に女性にとっては生理周期によるホルモンバランスの変化に身も心も影響を受けてしまいますし、肌の状態も支配されています。


女性ホルモンについて簡単に説明すると、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあります。


・・・・・


◎ エストロゲン


肌の水分量を増やし、みずみずしさを引き出してくれるほか、コラーゲンを増やす作用もある女性の美肌には欠かせないホルモンです。 35歳を過ぎると分泌量が減ってくるため、徐々に女性らしさが失われていく原因になってしまいます(泣)。


◎ プロゲステロン


皮脂の分泌を増やし、メラニン生成を促したり、肌を不安定にしてしまう生理前の肌の不調をもたらすホルモンです。 受精卵の着床を促したり、流産を防ぐなど妊娠するうえでは欠かせないホルモンですが、「ブスホルモン」という別名があるように、肌にとってはマイナスの影響のほうが多いです。


・・・・・


無理なダイエットをしたり、過度なストレス、冷えによる血行不良があると途端にホルモンバランスに反映されるので、生理不順などが起こり、肌荒れはもちろん、肌の老化を促進させる原因になってしまいます。


また、年齢によって女性ホルモンは分泌量が減ってきてしまいます。若々しい美肌を保とうと思ったら健康的で規則正しい生活を送って、 いかに女性ホルモンの分泌量を守るかということが非常に重要です。


肌荒れを立て直すには、、 抗炎症成分&低刺激の保湿クリーム<Best3>
Copyright © 2014 肌荒れに効くクリーム大解剖~抗炎症&低刺激で厳選<Best3>· All Rights Reserved·