睡眠不足で肌荒れしてしまうのはなんで?

睡眠不足で肌荒れしてしまうのはなんで? 睡眠不足の影響が一番でてくるのは目元ですよね。青紫のクマができてしまいますが、これは目の周りの毛細血管の血流が滞ってしまっていることが原因です。


そして、目の下のクマの次いで目立つのが「肌荒れ」です。


カサカサするのか、ブツブツができるのか、ピリピリするのかは人によって違いますが、 睡眠不足によって肌の免疫力が落ちることや肌の再生と修復が滞ってしまうことで肌荒れが発生してしまうんですね。


美魔女の水谷雅子さんのように、睡眠時間よりもスキンケアしている時間のほうが長いなんていう人もいますが、普通の人は真似しないほうがいいです。 肌のことを考えればスキンケアをするよりも睡眠時間を確保することが最優先です。


夜寝ている間に肌を含む体全体の細胞がリフレッシュされて、再生や修復が行われています。再生&修復は血液を通して行われるんですが、日中は血液のほとんどが 脳に集中しているので、肌にはほとんど栄養分は回ってきません。寝て、脳が省エネモードになってはじめて肌にも栄養が行き渡るようになります。


そのため徹夜続きだとか夜更かし、寝不足が続くようだと肌に栄養が行き渡らず、日中うけた肌ダメージの再生と修復が行われないのでどんどん肌は汚くなります。 肌や身体の各部位の細胞の再生と修復は6時間くらいかかる(個人差あり)そうなので、最低でもそれぐらいの睡眠時間は確保したいところです。


睡眠不足で荒れた肌を立て直すには、、 詳しくはコチラ

夜10時~深夜2時がお肌のゴールデンタイムというのは嘘!?

夜10時~深夜2時がお肌のゴールデンタイムというのは嘘!? 「夜10時から深夜2時までの間に成長ホルモンが一番分泌されるからこの時間に寝ていることが大切」という話を聞いたことがある人は多いと思います。


タレントのベッキーさんなんかはこのお肌のゴールデンタイムには必ず寝るようにして、朝早く起きて用事を済ませているそうです。


ただ、最近はこのお肌のゴールデンタイムに対しても懐疑的な意見が増えてきていて、「成長ホルモンの分泌と時間帯は関係ない」というのが主流になっています。


成長ホルモンそのものは眠りはじめの2~3時間に一番分泌されるのは間違いないんですが、「夜10時~深夜2時の間」という時間帯に限定されるものではないということです。


ベッキーさんがこれを読んでくれていることを祈ります。


ただ、勘違いしてほしくないのは、ちゃんと6時間寝るから昼夜逆転の生活をしても問題ないよね?ということにならないということです。 人間の体内にはサーカディアンリズムというマンモスを追いかけていた時代に刻まれた「日の出とともに覚醒し、日没ととも眠る」というリズムがあります。


それを考えると、夜遅くまでダラダラ起きていたり、昼過ぎまで寝ているのは自然のリズムに反するということになります。 「夜は早く寝て、陽の光とともに目覚める」というのが肌や身体にとっては一番自然だということです。


「肌に優しい」はスキンケアの基本です。 低刺激の保湿クリーム<Best3>
Copyright © 2014 肌荒れに効くクリーム大解剖~抗炎症&低刺激で厳選<Best3>· All Rights Reserved·