ストレスで肌荒れしてしまうのはなんで?

ストレスで肌荒れしてしまうのはなんで? 心や身体に何か問題があると、だいたいすべてストレスのせいにされますが、あながち間違いでもないというのがストレスの怖さなんですね。


自律神経が乱れる
ホルモンバランスが乱れる
肌の免疫力が落ちる
肌のバリア機能を低下させる
活性酸素を増加させる


肌に影響するストレスの作用をまとめてみるとこんな感じになります。 自律神経系、内分泌系、免疫系の働きが著しく低下してしまうので、肌の代謝も悪くなり、肌老化も促進してしまうわけです。


またストレスの間接的な肌への悪影響としては、暴飲暴食に駆り立てるなんていうのもあります。チョコレートやスナック菓子が止められないという人もいると思いますが、 肌によくないと分かっている行動をわかっていながら取ってしまうというのはやはりストレスが影響しているでしょう。タバコなんかもそうでしょうか。


どんなにスキンケアを頑張ってもエステにいってもよくならなかった肌荒れが、嫌いな上司が異動になった瞬間、ウソみたいにきれいになったなんて ケースは本当によくあります。会社を辞めて肌がきれいになったという女性はそれこそ万単位でいるでしょうね。


男性女性問わず、ストレスの原因の多くは仕事や職場の人間関係ですから、職場の環境が変わったり、仕事を辞めればストレス性の肌荒れが改善するのは、 当たり前といえば当たり前ですけどね。


ストレスで荒れた肌を立て直すには、、 詳しくはコチラ

ストレスをコントロールするとっておきの3か条がある!

ストレスをコントロールするとっておきの3か条がある! 運動する、アロマテラピーをする、ひたすら寝るetc...。


ストレス解消法はいろいろありますが、どれも決定的な要因にはなりません。また、他人がやって効果があったからといって 自分も同じような効果があるとは限りませんよね。


というわけで、ストレスをコントロールするための3か条というのを紹介しておきます。この考え方に沿って対策を考えてみてください。


・・・・・・・・


1、無くす


ストレスの原因を無くしたり、減らしたりできないか考えてみましょう。 異動を申し出る、労働基準局に駆け込むなど、考えればアイデアが浮かぶはずです。


2、(相手を)変える


ストレスの原因を変えられないか考えてみましょう。「ふざけるんじゃね~!」 といってやることで相手の言動や接し方が変わるかもしれません。ストレスの問題は我慢してもまず解決することはありません。


3、(自分が)変わる


自分の受け止め方を変えるということです。「何で私ばっかり怒るわけ?」という思考パターンを「期待されている証拠だわ♪」と変えることです。 ただ、なかなかこの境地には達するのは難しいかもしれません。


・・・・・・・・


いかがだったでしょうか?


自分の思っていることを相手に伝えるというのが意外に効果あります。トイレに呼び出して1対1の状況を作って本音をいうとかいいと思います。 皆の前で言ってしまうと名誉棄損になることがあるのでそこは注意してください。


ストレスは肌バリアを低下させる、、 バリア機能を高める保湿クリームを選ぶ
Copyright © 2014 肌荒れに効くクリーム大解剖~抗炎症&低刺激で厳選<Best3>· All Rights Reserved·